音声よみあげ

配色変更

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

コドモックル 看護部門

北海道内唯一の子ども専門病院です。出生前から一貫した医療・療育を提供しています。

子ども総合医療・療育センターでは看護師を募集しています

小児看護の急性期から慢性期までの知識・療育を提供しています。

小児看護の専門的な知識・技術を身につけ、子どもの成長発達を促す事が大切です。
子どもと家族に寄り添い、支援できるような看護師を目指しています。

基本データ

子ども総合医療・療育センター(コドモックル)(高度専門医療・療育)

左右にスワイプしてください

住所 〒006-0041 札幌市手稲区金山1条1丁目240-6
URL http://kodomo.hospital.pref.hokkaido.lg.jp/
診療科 小児科・小児神経内科・新生児内科・小児内分泌内科・小児血液腫瘍内科・遺伝診療科・小児腎臓内科・小児循環器内科・小児外科・小児心臓血管外科・小児脳神経外科・小児形成外科・小児眼科・小児耳鼻咽喉科・小児泌尿器科・小児精神科・リハビリテーション科(小児)・リハビリテーション科(整形)・整形外科・小児歯科口腔外科・麻酔科・放射線科産科・病理診断科
病床数 計215床、一般105床(ICU6)、療育110床
勤務体制 3交代制・2交代(手術棟)
看護宿舎 なし
院内保育園 なし

動画で職場をご紹介

子ども総合医療・療育センターの病院紹介の動画です。

看護部門 理念

私達は、子どもの命を守り、生活の質を高めるために良質な看護を提供し、健やかな成長・発達を支援します。

看護部門 方針

  • 子どもの人権を尊重し、成長・発達に応じた、高度で質の良い看護を提供します。

  • 子どもと家族が安全に、安心して生活・療養できる環境を整えます。

  • 専門職業人として看護の質向上をめざし、自己研鑽できる人材を育成します。

  • 子どもが地域で生活できるように、多職種と協働し、支援します。

  • 組織の一員として経営感覚を持ち、経済性・効率性をふまえた効果的な看護を実践します。

院内教育プログラムについて

コドモックルの院内教育プログラムは、看護部の教育理念に基づき、道立病院クリニカルラダーに沿って計画し、平成25年度に再構築しています。
研修での学びを実践に活かし、チームの活力・看護の質の向上に繋げるため、殆どの研修にフォローアップ研修を企画しています。
新人看護職員には、「コドモックル・新人看護職員教育プログラム」で院内研修を企画しています。入職時研修(新採用者集合オリエンテーション、新人看護職員集合技術研修)のほか、フォロー研修(3ヶ月,6ヶ月,12ヶ月)、シミュレーション研修(多重課題,インタビュートレーニング,BLS)、更に卒後2年目研修(年2回)を企画しています。
新人看護職員と卒後2年目では、ポートフォリオを導入しています。

目的

  • 子ども総合医療・療育センターの役割を理解し、組織における自己の役割を認識し、その職務を遂行するために必要な能力を養う。

  • 子どもと家族のニーズに応じた良質な看護が提供できる能力を養う。

  • 小児専門病院の看護師として、子どものあらゆる状況に的確に対応できる看護実践能力を養う。

  • 自己研鑽に努め、専門職業人としての自律できるために必要な能力を養う。

目標

  • 子ども総合医療・療育センターの役割を理解し、組織における自己の役割を認識し、その職務を遂行するために必要な能力を養う。

  • 子どもと家族のニーズに応じた良質な看護が提供できる能力を養う。

  • 小児専門病院の看護師として、子どものあらゆる状況に的確に対応できる看護実践能力を養う。

  • 自己研鑽に努め、専門職業人としての自律できるために必要な能力を養う。

ごあいさつ

笑顔と元気、あったかい心で働きたい看護師さんを待っています!

看護部長 中野 香寿子

看護部長 中野 香寿子 北海道唯一の子ども専門病院であり、センターには高度な医療を期待し、道内各地から患者さんが来ています。 看護部は専門性を発揮し、安全で質の高い看護を提供するため研鑽を積んでいます。 看護実践力には技術面はもとより、患者さんや家族の痛みや苦痛を理解する感性や人間性、他職種と協働できるコミュニケーション力が求められます。 そのため、責任ある看護が実践できるよう教育体制の充実とOJTを強化しています。 子どもたちが家族、地域の元でいっぱいの愛情を受け、健やかに成長できることを目標にチーム医療の看護師の果たす役割は無限です。 小児看護を希望する看護師さん、いっしょに子どもの未来を支援しましょう。

日常の様子

お問い合わせ

北海道道立病院局 病院経営課 人材確保対策室

〒060-8588 札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館3階)
電話(代表):011-231-4111(内線25-854)
電話(直通):011-204-5233
FAX:011-232-4109
お問い合わせ