音声よみあげ

配色変更

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

コドモックル 働くナース紹介

新人看護師からメッセージ(R2年度)

大間みのり 星歩望

大間みのり 私はNICUという新生児集中治療室で働いています。学生時代にあまり触れてこなかった分野ということもあり、わからないことだらけですが、指導者や先輩達に優しく丁寧に教えてもらいながら、少しずつできることが増えてきています。今後は赤ちゃんとご家族のための看護ができるように日々励んでいきたいと思います。 星歩望 4月からNICUに配属になり、もうすぐ1年が経ちます。初めは不安しかありませんでしたが、病棟の明るい雰囲気や優しい先輩達の指導により、少しずつ不安が軽減していきました。また病気と闘いながらも成長する赤ちゃんの姿に元気をたくさんもらいます。まだ未熟ですが、赤ちゃんの思いをくみ取れる看護師に成長していきたいと思います。

鈴木彩香

鈴木彩香 私の所属するGCUは、呼吸器・心臓・外科系疾患などさまざまな疾患の子どもが入院しています。まだまだ知識やスキル不足を感じる点はたくさんありますが、自己学習と経験から自信がもてるケアも増えてきたと感じています。自信がもてると不思議と赤ちゃんも笑いかけてくれたり、リラックスした表情を見せてくれるのが嬉しく、『看護をしている』実感が沸き、やりがいに繋がっています。就職して1年、失敗ばかりですが、先輩達が優しくフォローしてくれます。私も先輩達に早く追いつけるように、知識と経験を積み重ねていきます。そして子どもやご家族に信頼される優しく明るい看護師を目指して取り組んでいきたいと思います。

実地指導者からのメッセージ(R2年度)

片岡楓

片岡楓 医療病棟では手術やリハビリを受ける肢体不自由の子ども達が入院しています。障がいも運動・精神発達もさまざまなため、難しさもあります。子ども達が自他の障がいと向き合い、今後成長発達を見据え、今できることは何かを悩みながら、子ども・家族と関わるとてもやりがいのある看護です。病棟スタッフの年齢層は幅広く、いろいろな視点から療育看護について学ぶことができます。未来ある子ども達のために一緒に働きませんか。

新人看護職員教育担当者からメッセージ(R2年度)

進藤義之

進藤義之 新人看護師の指導を計画し、状況に合わせて新人看護師を担当している指導者をサポートしています。新人看護師が明るく伸び伸びと成長できるように、日々指導者と相談しながら新人指導をしています。新人看護師が小児看護の楽しさや難しさも感じてもらい。患児と家族の支えとなれるような看護師になってもらいたいと思っています。知識や技術も指導者とともにじっくり身につけてもらい、病棟スタッフ全体で支援しながら新人看護師の育成を心がけています。新人看護師と指導者が一緒に成長できるよう相談を受け、サポートするので一緒に頑張りましょう。

がんばるママさんナース(R2年度)

藤岡綾子(NICU)

藤岡綾子(NICU) NICUでは現在複数の看護師が、子育てと両立しながら仕事をしています。保育園児から小中学生までの子育て中ですが、夜勤・フルタイム・育児時間取得などから勤務時間を選択し、フレキシブルに働いています。急性期の病棟で慌ただしい場面もありますが、充実した日々を過ごしています。

お問い合わせ

北海道道立病院局 病院経営課 人材確保対策室

〒060-8588 札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館3階)
電話(代表):011-231-4111(内線25-854)
電話(直通):011-204-5233
FAX:011-232-4109
お問い合わせ